Yusuke Goto - 料理家 後藤祐輔 - 料理研究家、後藤祐輔の公式ホームページ。ミシュランシェフが教えるおいしくて簡単、子どもにも大人気な家庭料理のレシピ。料理のプロだからわかるおいしいコツがいっぱいです。

レンチンガトーショコラ

薄力粉を使わず、卵だけでしっとりなめらかなガトーショコラ。しかもレンチンでおいしく仕上がるから、お菓子初心者でも簡単にできちゃいます。焼きたても美味しいし、冷蔵庫で冷やすのもおすすめ!ナッツやホイップクリームなど、好みのトッピングをアレンジしても。

●材料 2人分
A
・板チョコレート 200g(好みのもの。カカオ感が欲しい時はビター、優しい味が好みならミルクなど。僕はホワイトチョコレートも好みです)
・バター 40g
・グラニュー糖 30g

・溶き卵 2個
・牛乳 30g(常温に戻す)

●作り方
1)耐熱のボウルにAを入れ、ふんわりラップをかけて500Wの電子レンジで3分加熱する。ゴムべらでなめらかになるまで混ぜる。

2)1の間に卵を泡立てる。黄身と白身が完全に切れ、表面に細かい泡が立つくらいを目安に。
3)1に2の卵液を2〜3回に分けながら加え、都度ゴムべらで混ぜる。

4)牛乳を2〜3回に分けながら加え、都度ゴムべらで混ぜる。

5)耐熱容器にラップを敷き、ラップをかけずに500Wの電子レンジで4分加熱する。完全に冷めたら好みの大きさに切る。

レンチン!ホワイトソース

難しそうなホワイトソース。でもレンジでさくっと美味しくできるんです!なめらかさのポイントは、少しずつレンジにかけ、混ぜながら加熱すること。粉チーズを加えるのも後藤式。コクとうまみが加わり、リッチなソースになります。冷蔵庫で3〜4日、冷凍なら1カ月ほど保存できるので、たくさん作ってドリアやシチューにアレンジしましょう。

ひき肉だけのハンバーグ

主材料は合い挽肉だけ!玉ねぎやパン粉がなくても、びっくりするほどしっとりジューシーなハンバーグです。 ふわふわに仕上げるコツは、肉に水分を含ませ、手で練らずにホイッパーで混ぜること。脂が手の温度で溶け出さないので、うまみが逃げません。

コク増しバターチキンカレー

フランス料理は「ソースの料理」とも言われます。カレーも広い意味ではソース。僕らしく、フレンチと和の調味料で作るバターチキンカレーです。使うのは手軽にスーパーで買える調味料ばかり!スパイシーというより、コクを追求したレシピです。