Yusuke Goto - 料理家 後藤祐輔 - 料理研究家、後藤祐輔の公式ホームページ。ミシュランシェフが教えるおいしくて簡単、子どもにも大人気な家庭料理のレシピ。料理のプロだからわかるおいしいコツがいっぱいです。

レンチン!ホワイトソース


難しそうなホワイトソース。でもレンジでさくっと美味しくできるんです!なめらかさのポイントは、少しずつレンジにかけ、混ぜながら加熱すること。粉チーズを加えるのも後藤式。コクとうまみが加わり、リッチなソースになります。冷蔵庫で3〜4日、冷凍なら1カ月ほど保存できるので、たくさん作ってドリアやシチューにアレンジしましょう。

●材料 作りやすい分量
A
・バター 20g(3㎝角に切る)
・薄力粉 20g
・塩 小さじ1/4(ひとつまみ)
・粉チーズ 大さじ1

・牛乳 200g

●作り方
1)耐熱のボウルにAを入れ、軽く混ぜる。ふんわりとラップをかけ、500Wの電子レンジで2分加熱する。取り出してホイッパーでなめらかになるまで混ぜる。

2)1に牛乳を少しずつ加えながらホイッパーで手早く混ぜる。

牛乳は少しずつ加えながら混ぜることで、ダマにならない。

3)2を500Wの電子レンジに2分かける。取り出してホイッパーでなめらかになるまで混ぜる。さらに2分かけ、取り出して混ぜる。最後に1分かけ、取り出して全体がなめらかなソースになれば完成。

ドレッシング唐揚げ

市販のドレッシングを使ったお手軽調味料に漬け込むだけで下味完了!後藤式「カリカリ揚げ衣」で表面カリカリ、中はじゅわ〜!の仕上がりになりますよ。 ドレッシングは和風、イタリアン、中華など、好みのものでアレンジOK。シーザーサラダやごまなど、クリーミィなものは向かないので注意しましょう。

大人のおつまみポテサラ

ポテトサラダの懐の深さについて熱弁したい(笑)。基本の「食べ切りポテトサラダ」をアレンジして、晩酌にぴったりなおつまみポテサラを作りました。ポイントは「しょっぱいものとカリカリしたものを混ぜる」こと。例えていうならスルメのような塩気と歯応えを、ポテサラの中で表現しました!(本当?笑)

ねぎ塩こんぶ豚丼

「和食の味がイマイチ決まらない(涙)」そんな時にちょい足ししてほしいのが「塩こんぶ」です!塩味とうまみの固まりのような食材で、少しあしらうと、一気に味がしまるので本当に便利。単調になりがちな丼の味変に、僕はいつも常備しています。