Yusuke Goto - 料理家 後藤祐輔 - 料理研究家、後藤祐輔の公式ホームページ。ミシュランシェフが教えるおいしくて簡単、子どもにも大人気な家庭料理のレシピ。料理のプロだからわかるおいしいコツがいっぱいです。

ねぎ塩こんぶ豚丼

「和食の味がイマイチ決まらない(涙)」そんな時にちょい足ししてほしいのが「塩こんぶ」です!塩味とうまみの固まりのような食材で、少しあしらうと、一気に味がしまるので本当に便利。単調になりがちな丼の味変に、僕はいつも常備しています。

●材料 2人分

A

・豚ばら薄切り肉 200g

・片栗粉 適量

・塩こんぶ 適量

・油 大さじ1

A

・おろしにんにく 小さじ2(チューブでも可)

・長ねぎ 1/2本(みじん切り)

・白だし 小さじ1

・鶏がらスープのもと (顆粒。小さじ1)

・砂糖 小さじ1

・酒 大さじ1

・ごま油 大さじ1

・レモン汁 小さじ1/2

・いりごま 小さじ1

・塩 少々

・こしょう 少々

●作り方

1)Aの材料は合わせてよく混ぜておく。

<point>

合わせ調味料は材料が多いけれどがんばって揃えましょう!お店みたいな深い味わいになります。

2)豚バラ肉は5㎝くらいの長さに切り、片栗粉を全体に薄くまぶす。

3)フライパンを中火にかけ、油を入れて熱する。2を加え炒める。肉が全体に白っぽくなったら1を加え混ぜながら煮立てる。軽くとろみがつくまで煮詰める。

4)丼にごはんをよそい、3をたっぷり盛る。塩昆布をあしらう。

ドレッシングポークソテー (さっぱり味)

市販のドレッシングで作る、お手軽ポークソテー。ポークソテーのコツは、味付けよりも肉の筋切り!焼いてきれいに仕上がる下処理を覚えれば、ポークソテーがぐっと上手になりますよ。和風ドレッシングでさっぱりいただけるようアレンジしました。

レンチン!ホワイトソース

難しそうなホワイトソース。でもレンジでさくっと美味しくできるんです!なめらかさのポイントは、少しずつレンジにかけ、混ぜながら加熱すること。粉チーズを加えるのも後藤式。コクとうまみが加わり、リッチなソースになります。冷蔵庫で3〜4日、冷凍なら1カ月ほど保存できるので、たくさん作ってドリアやシチューにアレンジしましょう。

ひき肉だけのハンバーグ

主材料は合い挽肉だけ!玉ねぎやパン粉がなくても、びっくりするほどしっとりジューシーなハンバーグです。 ふわふわに仕上げるコツは、肉に水分を含ませ、手で練らずにホイッパーで混ぜること。脂が手の温度で溶け出さないので、うまみが逃げません。