Yusuke Goto - 料理家 後藤祐輔 - 料理研究家、後藤祐輔の公式ホームページ。ミシュランシェフが教えるおいしくて簡単、子どもにも大人気な家庭料理のレシピ。料理のプロだからわかるおいしいコツがいっぱいです。

お店みたいなフライドポテト

ファストフードみたいなフライドポテトをおうちで再現!

じゃがいもは切ってから表面のでんぷんをよく洗い、後藤式「カリカリ揚げ衣」をまぶすのがポイント!

ディップは好みで何でもいいけれど、ケチャップに刻みトマトを入れたお手軽トマトソースがお気に入りです。

●材料 4人分

・じゃがいも(男爵) 大2個(1㎝×10㎝くらいの細切り)

<カリカリ揚げ衣>

・小麦粉 大さじ2

・片栗粉 大さじ2

(よく混ぜておく)

※小麦粉は、あれば上新粉で作るともっとカリカリになります!

塩 少々

揚げ油 適量

<ディップ>

トマトケチャップ 適量

ミニトマト 適量

(ミニトマトは粗みじん切りにし、トマトケチャップと混ぜる)

●作り方

1)細切りにしたじゃがいもをたっぷりの水にさらし、20分置く。ざるにあげて水を切り、キッチンペーパーでさらに水けを拭き取る。

2)ポリ袋に1、カリカリ揚げ衣を入れ、振りながら全体にまぶす。

3)フライパンに揚げ油を3㎝高さに注ぐ。火にかけて180℃に熱したら、フライパン全体に広がる分量の2を入れる。しゅわしゅわと泡立つ温度を保ちながら(200℃くらい)、5分くらい揚げる。 4)じゃがいもがほどよく色づき、油の表面に浮き上がるようになったら、キッチンペーパーを敷いたバットに取り出す。油をよく切り、ディップと盛り付ける。

ずるい美味しさ!チキンのトマト煮

トマト系の煮込みをおうちで作るときにおすすめしている調味料が「バター醤油」!バターや生クリームでコクを加えると一気に味が整うし、醤油は塩味だけでなく、うまみが加わります。バター醤油って王道すぎてちょっとずるいけれど、本当におすすめの隠し味ですよ。

ねぎ塩こんぶ豚丼

「和食の味がイマイチ決まらない(涙)」そんな時にちょい足ししてほしいのが「塩こんぶ」です!塩味とうまみの固まりのような食材で、少しあしらうと、一気に味がしまるので本当に便利。単調になりがちな丼の味変に、僕はいつも常備しています。

わが家の万能ミートソース

ミシュランシェフお墨付き!後藤家でも大人気の定番ミートソース。ジューシーに仕上げるコツは、肉に水分を含ませ、手で練らずにホイッパーで混ぜること。脂が手の温度で溶け出さないので、うまみが逃げません。 スパゲッティはもちろん、ラザニア、ドリアなどにアレンジ可能な万能ソースです。